パソルームブログ

モバイルデータ通信って何?

2017年10月10日

「モバイルデータ通信」て聞いたことありますか?
携帯電話会社が提供する回線でのインターネット通信のことです。
「パケット通信」とも呼ばれます。
スマホやセルラーモデルタブレットを
お持ちの方は毎月利用料金を通信会社に支払っていますね。


設定にある「モバイルデータ通信」スイッチをオフにすると、携帯電話会社が
提供する通信サービスのうち、
データ通信が完全にオフになります。
モバイルデータ通信をオフにしていれば、パケット通信料が発生することはありません。

Wi-Fiに接続してWEB閲覧やインターネットメールの送受信は実行できます。
あくまでデータ通信の使用停止ですから、携帯電話や固定電話との音声通話には
影響ありません。
電話をかけることも、受けることも可能です。
SMSも利用できますが、MMSはキャリアによって
対応がわかれ、NTTドコモと
auはWi-Fiに接続していればリアルタイムで受信通知を受けることが
できますが、ソフトバンクはWi-Fiに接続していても受信通知はありません。

「データ使用の警告」「モバイルデータの上限を超えました」というメールが届くと、
携帯電話会社に通信を制限されてしまいます。これは驚くほど低速になるそうですよ。
モバイルデータの上限を超えてしまっても超過料金は発生しません。通信会社によって、
追加で容量を買い足したり、家族から分けてもらったりすることができます。
また、モバイルデータ通信をオフにしてもWi-Fiに接続すれば良いので、通信速度が
遅くなっても全く使えなくなるわけではありませんが、外出時は不便ですね。

ところで、ご自分の端末の契約データ通信量の上限をご存知ですか?
データ通信量は、スマホの利用スタイルによって大きく変わります。メールとLINE、
ネット閲覧程度
利用する方であれば、1日で60~80MB程度。そこに動画視聴やSNSの
やり取りが加わったとしても、
ほとんどの場合、1日で100MB(1カ月3GB)くらいだそうです。

毎月1日にリセットされますので、月末近くなったら気を付けましょう。
三大キャリアの場合、以下のHPに確認方法が書いてあります。

docomo     au     softbank


アプリをインストールしておけば通信料の支払金額や残りのデータ容量がすぐわかります。
iPhone 、iPadはApp Storeから。 AndroidスマホはPlay Storeからダウンロードしてください。

IMG_5441

 

 

 

     docomo

 

  IMG_5442

 

 

     au

 

IMG_5443

 

 

 

     softbank

 

 

どうしてもWi-Fiがない状態でモバイルデータ通信量を抑える方法としては、大量のデータ通信を
必要とする動画系アプリ(You Tubeなど)をモバイルデータ通信時のみオフにしてしまうのが
一番で効果的です。
その他、アプリの自動ダウンロードやバックグラウンド更新をオフにしても良いですね。

ご不明の点がございましたらチューターまでお尋ねください。
(鶴田)


講座申込み お問合せ お試し講座