受講生の声

新鮮な産地の品を直接お届け!

今日は、戸塚教室の羽鳥 壽美男さんのご紹介です。
産地の新鮮なものを、みなさまのお手元にお届けしたい!という思いの元、ネットショップを開かれています。
新鮮で美味しい地元の品を、ぜひご堪能くださいね。
産地よりどり とりよせネット ⇒ http://www.yoridori-net.co.jp/ 

1206-1

 流通に縁あって50年、人生も終盤、第四コーナーをまわり最後の直線にさしかかった今日この頃。パソルーム戸塚教室の柴田先生と出会ったのは昨年の6月、私がホームページを自分で作りたくて教室に入ったのがパソルームとのご縁の始まりです。
 街で、テレビで、飲み屋で、いろいろな食べ物に出会うたびに、すぐに何かを感じてしまう自分。そうだ、行ってみよう…と産地や工場に飛び込みで出かけました。苦労もありますが、願いがかなった時の喜びは最高です。
 八戸の朝市、富良野のバタじゃが、網走の水産、坂下の馬刺し、道東のチーズ、etc.。みんな真剣に頑張っている姿に感動します。オホーツク紋別・興部町では86歳の工藤さんが地元の生乳でチーズを作っています。地元の生乳が過剰で半分も捨てられているのを目にして、これをなんとか生かすことはできないかとの想いで新しいチーズ作りを始めだそうです。お刺身チーズとデザートチーズ、何回も足を運んで話を聞き、なんとか東京で売れないかと苦戦した結果、町田小田急デパートで企画して販売でき、大変喜んでいただきました。
 南信州・松川の安田さん、減反政策から果物農園に転向しおいしいリンゴを作っています。リンゴのお尻を見て熟成、蜜がたっぷり入っているのを確認して出荷されている。網走の増田水産を訪れた時、お茶菓子の代わりに茹でたてのカニ足が出てきました。前日食べたカニと全く違います。需要に合わせて水槽で生かされているカニと、前浜で捕れたとれたてのカニ、身の締りが別物です。
 一般に流通されるスタイルは産地から複雑な流通経路を経て消費者の手に届きます。産直スタイルはあっても十分ではありません。そういう強い思いで作ったよりどりネットでは、…できたて、とれたて、つくりたて、産地から直接を基本に美味しいものをお届けに努めています。
 今回、縁あって柴田先生と出会いましたがスタッフの皆さんの力を借りて私の想いを多くの方々に伝えていただいたら本当に有り難いことと思っています。
 これからも、まだまだ走りつづけます。どうぞ宜しくお願いたします。

1206-3-1 産地とりよせ よりどりネット 

 

チューターからのコメント
ご自身の夢の実現ともいえる「産地とりよせ よりどりネット」を運営しながら、イキイキと活動されている羽鳥壽美男さん。羽鳥さんは個人レッスンでホームページ作成のレッスンを続けています。そのご縁で、パソルームとして「産地とりよせ よりどりネット」を応援させていただいています。最近教室を賑わせている梅干し、まぜご飯、黒酢玉ねぎドレッシング、江の島のシラスに三浦のわかめ・・すべて羽鳥さん仕入れによる、よりどりネット扱い商品です。どうぞご愛顧くださいますよう、よろしくお願いいたします。
<柴田>
「あ~り~ば~ど2012年6月号より」


講座申込み お問合せ お試し講座