受講生の声

温かいこころの交流があります

今回は弥生台教室の安齋八重子さんのご紹介です。
次から次へと新しい技術・新しいものが出てくる時代。いろいろなものがオートマティックになっていく中、先生との対面授業には温かいこころの交流があると感じられています。

1305-01
パソルームの皆様こんにちは 弥生台教室火2の安齋でございます。横山先生にお世話になっております。 数年前、新聞にパソコン教室の折り込み広告を見て、弥生台教室に電話で申し込み説明会に参加いたしました。それ以来続けています。  今の私たちのクラスはとても静かな男性ばかりで、社会的にそれぞれ重責を担っていらした方々ばかりです。常に前向きにPCに取り組む姿は尊敬に値します。現役時代の名誉も栄光も立場を離れれば、皆一直線の立ち位置です。また、周囲や環境は何でも自動的になってきています。支払いも買い物も何の触れ合いも会話もない自動支払いです。一面には「人と係わる煩わしさがない。」と好む時もありますが、どんどん稀薄になっていく人間関係や、あらゆるものがオートマティックになっていくのも時代の流れでしょうか。  先生との対面授業は温かいこころの交流があります。デザインも性能も、どんどんとめまぐるしく進化する文明の利器。やっと携帯電話でのメールや写真撮影を覚えたと思っていても世の中はスマートホン、iPadに進化していきます。こころも身体も能力も置き去りになってしまいそうですが、脳の活性化と呆け防止には最高の刺激になっています。  限りなく奥の深いパソルームです。また休憩時間の話題は政治のこと、芸能のこと、その時々の話題のTVのことetc あれこれと話題が飛躍し、とても楽しいひと時です。  いろんな意味での努力や協調性は、社会や家庭内に於いても必要不可欠なことと、大変勉強になっています。今年に入ってからFacebookをクラスではじめましたが、そろそろiPadでFacebookを行います。何度も同じ質問ばかりですが、横山先生今後とも、ご指導よろしくお願いいたします。

天に星 地に花 人に愛 (通りかかった車に書かれていた言葉を引用しました。)
 
チューターからのコメント
弥生台教室、火曜日午後の活用クラスに在籍の安斎八重子さんをご紹介します。
安斎さんを一言でいうと「ボランティア精神の塊」。大げさに思えるかも知れませんが、まぎれもない事実です!(^^)! 困っている人を見ると、声をかける!手を差し伸べる!といったことを、せずにはいられない方です。クラスのムードメーカーであることは言うまでもありませんし、新年会や暑気払いの時は、隣のクラスも含めての幹事さんとなり、楽しい食事会をお膳立てしてくださいます。そして、その時には盛りだくさんの手料理も用意してくださるなど、至れり尽くせりのおもてなしに、ただただ頭が下がります(もちろん、お料理はどれも絶品です!)。
今年になって授業で始めたフェイスブック。週に一度の授業は、「1週間のご無沙汰」になりますが、フェイスブックの投稿で、それぞれの日常が見えてくるのが楽しいですね。iPadを購入したことで、よりアクセスしやすくなりました!デジタル化の中でも、ほっとする安斎さんの投稿やコメントに癒されています。これからも、みんなのアイドルでいてくださいませ♪
<横山>
「あ~り~ば~ど2013年5月号・私の散歩道 より」

講座申込み お問合せ お試し講座