受講生の声

ネット検索で病院を探しました

今回は、弥生台教室の鈴木さんをご紹介します。
奥様のため、よりよい病院を探そうと、インターネットを駆使されました。
いつも、いろいろなことをこなされて、活発に活動されています。 

197-01

 本来もっとも信頼されるべき大学病院(東京女子医大病院や群馬大学病院など)で最近、手術の失敗による多くの死亡事故が起きている中、家内が重度の大動脈(だいどうみゃく)弁(べん)狭窄症(きょうさくしょう)との診断で早急に手術せざるを得ないことになり、私としてはかなり不安でした。しかもドクターの説明では、手術以外の選択肢はない、外科的手術(開胸手術)は特殊合併症を起こすリスクが高く危険(家内は約4年前から膠原病(こうげんびょう)でS大学付属病院に入院し、現在は4週に1度通院している状況のため)との事。
 そこで私はネット検索で内科的手術(出来る限り切らない手術)や無菌室の設備、手術実積や死亡率、また専門医の有無や情報公開資料等を徹底的に調べて病院を見つけました。経カテーテル的大動脈弁置換術(だいどうみゃくべんちかんじゅつ)(TAVI)という手術の出来る大船の病院です。S大学付属病院から紹介状を戴き、無事に手術も終え、お蔭様で経過も順調で回復に向かっております。
 これは良い病院・良いドクター出会えたことは勿論ですが、やはり100回聞いても笑顔で教えて下さる明戸先生にネット検索等を教えて戴いたことと感謝しております。私は当初パソルームに通う目的はワードとエクセルが一寸出来ればよいと軽い気持ちでしたが、今も教室に通い続けて本当に良かったと思っております。

197-02

チューターからのコメント
療養中の奥さまを助けての家事全般、ワンちゃん2匹のお世話、家庭菜園の域を超える畑仕事、“男の料理教室”で腕を磨かれ、タブレットを駆使して最新株価チェック(笑)、戸塚教室IさんやWさんとのお酒(笑)等、毎日目が回るほどお忙しいであろう鈴木さん。それでも毎週木曜日には「こんにちは!」と明るい声で教室に出向いてくださいます。今回感謝のお言葉を頂きましたが、実は感謝しなければならないのは私の方(^-^; 「たくさんできたから」と言ってはとれたて野菜を運んでくださり、教室イベントがあれば快くご参加くださり、終了後には「お疲れさまです、大変だったでしょう?」との優しいメール。先日はスマホ・タブレットクラス皆さん分のタッチペンをプレゼントして頂きました♪こんな風にお世話になったことを数えたらきりがありません。いつも本当にありがとうございます、これからもお付き合いの程よろしくお願いします!
<明戸>
「あ~り~ば~ど2015年7月号・私の散歩道 より」

 

 


講座申込み お問合せ お試し講座