よっちゃんのキッチン

栄養豊富なトマトを美味しく食べよう!

2019年3月31日

今月はトマトのレシピをご紹介させていただきます!

トマトには「リコピン」「ベータ・カロテン」「ルテイン」といった “抗酸化物質” が豊富に含まれています。また、カルシウム、ビタミンC、ビタミンKなどの成分も豊富に含まれていることにより、様々な栄養効果が期待できます!

・肌・血管・脳の老化防止

・骨を丈夫にする

・癌(がん)の予防効果

・心臓病・糖尿病の予防効果

・免疫力を高めアレルギーを改善する効果

・目に良い

加熱しても効果は変わりありませんし、むしろリコピンなどは加熱した方が吸収力が高まると言われています。色々な料理でトマトの美味しさを楽しみながら、その効果を期待しましょう!

 

●イタリアン風そうめんつゆ

いつものめんつゆにトマトとオリーブオイルが加わることで、イタリアン風に変身!
トマトの冷製パスタに近い味わいを楽しめますので、いつものそうめんに飽きたら、是非お試しくださいませ♪

<材料>

  • トマト  1個
  • オリーブオイル  大さじ1
  • めんつゆ(3倍濃縮)  大さじ2
  • 水  大さじ3
  • 塩・胡椒 適量
  • そうめん お好みの量

<作り方>

  1. トマトは細かく刻んでボウルに入れる。オリーブオイル、めんつゆ、水、塩・胡椒を加えて混ぜる。*トマトから出る水分も、一緒に入れてください。
  2. そうめんは袋に書いてある時間通りに茹でて、水で洗い流した後に水気を切る。
  3. 1.のつゆにつけていただきます。

*トマトを刻んだ時に水分が出るので、3倍濃縮のめんつゆを使っていますが、水の量は少なめにしています。

 

●トマトの炊き込みご飯

トマトと塩だけで、美味しいトマトライスになります!
*焼肉、蒸し鶏などの付け合わせにもぴったり!

<材料>

  • 米  2合
  • トマト  2個(中くらいの大きさ)
  • 塩  小さじ1
  • 水  約300cc
  • オリーブオイル  小さじ2
  • 塩・ブラックペッパー  適量

<作り方>

  1. 米は研いで一旦ざるにあけて水気を切る。
  2. しっかりと水気が切れたら炊飯器の内釜(もしくは鍋)に移し、分量の水につけてしばらく置く(30分ほど)。
    *トマトから水分が出るので、普通の水の分量よりも少なめです。
  3. ヘタを取ったトマトと塩を②に入れて、普通に炊く。
    *鍋で炊く場合は、沸騰するまでは強火、そのあとは弱火にして12分くらい加熱する。
  4. 炊きあがって蒸らしが終わったら、オリーブオイルとブラックペッパーを加えて全体を混ぜる。
  5. 味を見て足りないようであれば塩を足して器に盛る。

 


*オムライスにしても美味しいですよ。

 

●トマトとキクラゲの卵炒め

生キクラゲのシャキシャキ感とトマトと卵のふわふわ感のバランスがGood!
*生キクラゲは冷凍することで、より食感がよくなりますよ♪

<材料>

  • トマト  2個(中くらいの大きさ)
  • 生キクラゲ  1パック(60gくらい)
  • 卵  3個
  • 塩 ひとつまみ
  • サラダ油  適量(炒め用)
  • オイスターソース  大さじ1/2
  • 醤油  大さじ2
  • 酒  大さじ2
  • 中華だし  小さじ1/2
  • ごま油  小さじ1/2
  • 胡椒  適量

<作り方>

  1. キクラゲは食べやすい大きさにカット、トマトはくし切りにする。
  2. 調味料のオイスターソース、醤油、酒、中華だしは合わせておく。
  3. フライパンに大さじ1のサラダ油を熱し、溶きほぐして塩(ひとつまみ)を加えた卵を入れる。8~10秒そのままにして、縁のあたりが固まりかけたら全体を大きく混ぜて半熟の状態で取り出しておく。
  4. フライパンにサラダ油(大さじ1)を加えて、トマトとキクラゲを炒める。トマトが崩れてきたら、合わせておいた調味料を加えて全体をなじませる。
  5. 取り出しておいた卵を加えて混ぜ合わせ、全体が馴染んだらごま油を加えて一混ぜして火を止めて器に盛る。


*サンドイッチやオープンサンドにしても美味しいですよ!

 

●きゅうりとトマトの炒め物

柚子胡椒が味を引き締めてくれます!

<材料>

  • トマト 1個
  • きゅうり  1本
  • めんつゆ(濃縮タイプ)  大さじ1
  • 柚子胡椒  小さじ1/2
  • サラダ油  大さじ1(炒め用)
  • ごま油  適量
  • ブラックペッパー  適量

<作り方>

  1. トマトとキュウリは一口大にカットする。
  2. めんつゆと柚子胡椒は合わせておく。
  3. フライパンにサラダ油を熱し、きゅうりとトマトを入れて炒める。
  4. トマトが崩れ始めたら、合わせておいためんつゆと柚子胡椒を加えて炒める。
  5. 全体に味がついたら、ごま油とブラックペッパーを加えて一混ぜして火を止める。

*「トマト」+「きゅうり」=サラダを連想しますが、加熱することで主役にも匹敵する一品になりますよ♪

●ラタトゥイユ

このレシピかパソコープテキスト「Word2016 Vol.2 楽しく学ぶステップシリーズ」に掲載されているレシピです。レシピ作りはワードのお勉強にもなりますね!
夏が近づく頃から何度も作るレシピです♪

<材料>

  • 玉ねぎ  2個
  • トマト  3個
  • ズッキーニ  2本
  • ナス  3本
  • パプリカ   2個
  • 塩・胡椒  適量
  • コリアンダー(パウダー)  適量
  • オリーブオイル 適量

<作り方>

  1. 玉ねぎは薄切り、トマトはざく切り、ズッキーニとナスは7~8mmの輪切り、パプリカは縦に細切りにする。
  2. 鍋にオリーブ油を敷いて玉ねぎを炒め、しんなりしたらパプリカを加える。
  3. パプリカがやわらかくなったら、ズッキーニとナスを加えて4~5分炒める。
  4. トマト、塩(小さじ1/2)、胡椒、コリアンダー(パウダー)を加える。
  5. ふたをしたら弱火にして煮込む。
  6. 10分程たったら、いったんふたを開けてかき混ぜる。
  7. 再びふたをして10分煮込み、ふたを開けて味見をし、塩・胡椒で整える。

    *全ての野菜が柔らかくなって、水分が増えてきたら出来上がりです!

 

●スタッフドトマト

<材料>

  • トマト  6〜8個(小〜中くらいの大きさ)
  • 合挽肉  300g
  • 玉ねぎ  1/2個(みじん切り)
  • 酒  大さじ2
  • 水  大さじ1
  • 塩  小さじ1/2
  • 水  50cc
  • コンソメ  1個(固形)
  • 胡椒  適量
  • パセリ  適量

<作り方>

  1. トマトはヘタの部分を切り取って、スプーンで中身をくり抜く。くり抜いた中身は粗みじんに刻んで取っておきます。
  2. ボウルに合挽肉と塩、酒、水を入れて粘りが出るまでよくこねる。さらに玉ねぎのみじん切りを加えてこねます。
  3. 中身をくり抜いたトマトの内側に軽く小麦粉を薄くまぶして、2.を詰める。
  4. 鍋にくり抜いてざく切りにしたトマトの中身、水50ccとコンソメを入れ、そこに3.のトマトを並べる。中火にかけて沸騰したらアクを取って、弱火に落とし蓋をしてコトコトと20分くらい煮込む。
  5. 火が通ったら胡椒とお好みでパセリを加えて器に盛る。

*一緒に野菜を煮込んでも美味しいです!

 

<ドライトマト>

2012年7月に「ドライトマトを作っちゃおう!」という記事を掲載しております。
パソルームで取り寄せているミニトマトはとっても甘くて美味しいのですが、ドライにすることでさらに甘みが強調されて違った美味しさを楽しむことができます。よろしかったら作ってみてくださいませ♪
↓ ↓
こちらからご覧いただけます!

 


店頭に真っ赤なトマトが並ぶ季節になりました。

色や形も様々で、みていつだけでワクワクしてしまいますね。

美味しいだけではなくて栄養豊富というのが嬉しい食材です。

生で食べるには匂いが気になる!という方は、是非加熱してお召し上がりくださいませ♪

See You~~

よっちゃん。こと よこやま でした(*^▽^*)


講座申込み お問合せ お試し講座