パソルームブログ

こんな時だからこそ、家の整理&備蓄を考えるよい機会♪

2020年3月4日

今週は、戸塚・弥生台とも一斉休講で、みなさまとお会いできていませんが、

いかがお過ごしでしょうか。

 

イベントなども中止や延期・施設も休館が相次ぎ

「家の中で時間を持て余しちゃって・・」

なんてテンション下がっていませんか?

 

気も滅入りがちですが、家で過ごす時間が長いこんな時こそ、

モノの整理やいざという時の備蓄について

じっくり考えるよい機会でもあります。

家は暮らしの基盤となる大切な場所。

安心して暮らせる仕組みについて、改めて考えてみませんか?

 

■トイレットペーパーの備蓄について考える

つい先日、ドラッグストアの店頭から

トイレットペーパーやティッシュペーパーが姿を消す、

というニュースがありましたね。

ネットのニュースは大げさだとわかっていても、

こんな時だから

いつもより少し多めにストックしておきたい」

と、焦る気持ちになるのも無理からぬことと思います。

 

でも!買い物にでかけるその前に!

「いつもより少し多め」って、いったいどのぐらいの量なのでしょう?

本当にわが家に必要な数を知っていますか?

急いで買いに走る前に考えてみてください。

 

日ごろから、必要な数・備蓄の数がきちんとわかっていれば、

モノがないときに人混みで大行列・・のようなリスクを負わず、

少しの期間気持ちを抑えて、

上手にパニックを乗り切ることもできるのではないでしょうか。

 

そんなわけで、
今回は、

トイレットペーパーを例に「適正な備蓄量」

について考えてみましょう。

 

まずはじめに、

トイレットペーパーの適正量を考えるとき
①家族の人数(年齢・在宅時間も多少影響します)
②1カ月何個使うか
③収納スペース何個しまえるか
④あと何個になったら補充するか

など日ごろの消費状況を知る必要があります。

 

わが家の場合・・・

①家族の人数
わが家は成人3人家族

②1カ月何個使うか
かさばるものはネットで購入しているので、ネットに購入履歴が残ります。
トイレットペーパーの購入履歴を調べてみると、

特に意識していなかったのですが、

おもしろいほど「ほぼ1カ月に1度」12ロール入りを買っていました。

 

となると、わが家のトイレットペーパー使用量は

  • 1か月に12ロール使用
       ↓
  • 1週間に3ロール程度使用
       ↓
  • 1人あたり1週間1個程度使用

25メートル巻を買っていますので、

1人1日当たり3.5メートル程度使用している計算になります。

 

余談:ちなみに、私はおそうじでもトイレットペーパーを使っています。

トイレットペーパーが使えるおそうじ洗剤「まめピカ」

をご紹介しておきます。

トイレットペーパーに吹きかけてささっと拭くだけ。

とっても手軽で家族もこまめに掃除してくれるので重宝しています。

 

・・・・・さて、話を戻して。

わが家の消費量は1ヶ月12個とわかりました。

③収納スペース何個しまえるか
トイレ内の収納に6個


別の部屋の消耗品の棚(バックヤード)に8個~12個程度入ります。

④あと何個になったら補充するか

トイレの棚に収納しているペーパーを順に使って、

トイレのストックがなくなったらバックヤードから補充、

そうして、
バックヤードのストックがなくなったら

「そろそろ買おうかな・・」と判断します。

※残りがトイレ内に収納している6個になったら次を購入ですね。

 

ということで、わが家のトイレットペーパーは
一番多い時で18個、
一番少ない時で6個のストックがあり

お店に並ばなくなってから在庫がなくなるまで
長い時で1ヶ月半、一番短い時でも2週間

の猶予があるとわかります。

 

このように
自分の家には何個備蓄がある

ということが具体的な数字でわかっていれば、

今回のように品薄の疑いがあったときも、

落ち着いて状況を見守ることができますね。

 

もし「今までどのくらいでなくなるか考えたことがなかった・・」という方は、

1個が何日ぐらいでなくなっているか記録してみてください

メモに取るのは大変ですから、

トイレットペーパーをあたらしくセットした日を

パチっとスマホでとっておく

だけでも立派に記録として残りますよ!

 

一般的に、トイレットペーパーの備蓄は1ヶ月分と言われています。

備蓄したくても収納場所が少なくて・・というご家庭は、

巻きが長くて個数が少ないタイプも売っていますので、

備蓄用としてストックしておくのもよいかもしれませんね。

 

現在は品切れも多いですが、

ネットで検索すると、75メートル巻、125メートル巻、200メートル巻など、

従来と同じサイズで巻き数が大きいものが販売されています。
こういったタイプなら、半分以下のスペースで収納できますね。

市場が落ち着いたら、わが家に合った適正な量を備蓄してください。

 

いかがでしたか?
ぜひこの機会に、安心で快適なくらしができるよう、

できるところから家を見直し、整えてみてくださいね!

 

↓こんなサイトも参考になりますよ!

備蓄.com

 

■お片づけ講座のご案内

お片づけのやる気にスイッチ入れる講座です!

家のしつらえや整理の基本が戸塚教室で学べます。

お片づけフリークラスは随時募集中。

整理したい内容に合わせてオプションで回数を設定できますので、

気になる方はぜひお問合せくださいね。

ではでは!来週元気なお顔でまたお会いしましょう~

(あみの)


講座申込み お問合せ お試し講座