お知らせ

12月バスピクニックおすすめ情報その3 

2019年11月27日

大塚人参に続いて今回は「枯露柿」の情報をお届けします。

干し柿を茶菓子として商品化した山梨県の特産物に「ころがき」。その「ころがき(枯露柿)」の名は、庭先に皮をむいた柿を並べ、天日で乾燥させるとき、柿全体に陽が当たるように、適当な間隔をおいてコロコロ位置を変えることからきていると言われています。また、一般に干し柿のことを「ころがき(転柿・枯露柿)」と言いますが、ごの語源は、形が丸いことからまたはコロコロころがして作るから転柿の意味でコウルホシガキ(粉潤令柿)の意味、などの説があるそうです。

 

岩波農園で干し柿に使うのは「甲州百匁柿」という大きな渋柿で、皮を向いた柿を吊るして天日干しにします。20間ほど干した後、更にすのこの上で平干しし、完成まで1ヶ月はかかります。戦国時代にこの地を治めていた武田信玄は干し柿作りを奨励し、増産を図ったようです。完成した干し柿は「ころ柿」と呼ばれ、贈答品として人気です。

 

まだまだ駆け込みも大丈夫!!今すぐ

***お申し込み受付はこちらから***

 

以下の場合はキャンセル料が発生しますのでよろしくお願いいたします。
※出発の7日から2日前までは旅行代金の30%
※出発の前日は旅行代金の50%
※出発当日は全額

ここの所気温の変化が著しくまた風邪やインフルエンザがはやり始めています。ご参加お申込みの皆様~!!くれぐれも体調管理に気を付けていただき楽しいバスピクニックをご一緒いたしましょう(^_-)-☆

   秋のピクニック担当:柴田・平坂・野口・横山

 


講座申込み お問合せ お試し講座