受講生の声

高齢者施設で実践しています!

今回は、戸塚教室金曜日のiPad活用クラスの佐野光子さんをご紹介します。

パソルームのアイパッド教室に通い始めて2年となります。
「教えてもらう」、「忘れてしまう」の繰り返しですが、金曜日のシニアグループで楽しい時間を過ごしています。
現在私は、特別養護老人ホームに勤務しています。この2年間、高齢者の写真展を開催して来ました。2018年は一枚の自分史展を開催でき大変好評でした。今の写真と思い出の写真にコメントを入れてA3の印画紙に出力し、パネルに仕上げました。素晴らしい写真展となりました。この企画は介護する職員からも昔の入居者をすることが出来たと好評でした。戸塚教室の自分史の冊子が参考となりました。

今年はこれまた戸塚教室で見た写真の展示方法を参考にして、開催出来ました。
老人ホームの職員は日々の介護に忙しく、イベントの準備が叶わずにいました。施設ではアイパッドを記録の端末として採用していますので、入居者の写真をたくさん撮りためていました。その中から5~6枚の写真を印刷し、可愛くクリップでとめてコメントを付けて展示しました。これも大変好評でした。
戸塚教室に通うたびに来年のアイデアはないかとキョロキョロ探しています。

 

いつも穏やかでにこやかな佐野さんの笑顔とお話のされ方は、どことなく頼りがいがありそうな雰囲気があって、安心感というか、なんとなくホッとするのです。きっと施設でのお仕事でもまわりのみんなはそう感じていることでしょう。佐野さんのアイデアを形にする実行力も素晴らしいです。パソルームでのことが施設で喜んでいただけることに繋がっていると聞いて嬉しい限りです。
戸塚金曜日の午後クラスは全員がiPadとiPhone、Apple Pencilを持っていて、授業の内容はバラエティに富んでいます。今期は、油絵塗り絵(Apple Pencilが大活躍)をご紹介し、ポストカードに仕上げました。今は「メルカリ」に挑戦中!毎回、授業が終わるとおやつがたくさん並ぶのも楽しみのクラスです。いつもありがとうございます(*^-^*)

<担任:柴田>
「あ~り~ば~ど2019年10月号・私の散歩道 より」


講座申込み お問合せ お試し講座